エンタメ

本田ルーカス剛史はなぜルーカス?ハーフ?両親やプロフィールも調査

本田ルーカス剛史はなぜルーカス?ハーフ?両親やプロフィールの画像

2020NHK杯フィギュアの男子シングルトップバッターで、期待の新人と言われ、

フィギアスケート選手として現在大活躍中の本田ルーカス剛史(ホンダルーカスツヨシ)選手。

お顔は、まさに日本人男子の草食系のさっぱりとしたお顔をされていますが、気になるのは本田ルーカス剛史のルーカス部分のミドルネーム・・。

もしかしたら、本田ルーカス剛史さんのご両親・父親か母親が外国人で、本田選手はハーフ?

気になったので、この記事では本田ルーカス剛史選手のwiki風・最新プロフィールと、なぜルーカスなのか?もしかしてハーフ?という謎に迫ってみました。

  • 本田ルーカス剛史選手のミドルネーム(ルーカス)について
  • 本田ルーカス剛史選手の最新のプロフィールが知りたい
  • 父母の両親は外国人か日本人なのか

について、まとめました。

本田ルーカス剛史はなぜルーカス?ハーフなの?

本田ルーカス剛史選手がなぜ、ミドルネーム(ルーカス)がついているのか?お顔立ちは日本人だけどもしかしてハーフ?調べてみました

なぜルーカス剛史?

どうやら、本田ルーカス剛史選手の祖父母やご先祖の家系に日系ブラジル人がいるようです。

本田ルーカス剛史選手自身も『日系ブラジル4世』だと答えています。

ですが、ブラジルの血は入っていないと言います。

家系にブラジル人がいると、ミドルネームがついちゃうんですかね・・。

本田ルーカス剛史選手の曾祖父母か、両親の代で日本に帰ってきた可能性が考えられますね。

国籍は?ミドルネームをつけいてる理由

ではなぜ、本田ルーカス剛史選手にはミドルネームがついているのでしょうか?

本田ルーカス剛史選手は、兵庫県の尼崎市生まれです。

名前の(ルーカス)が気になって国籍を調べたところ、国籍は公表されていませんでした。

もも
もも
ですが、立派な関西人なのね・・多分。

本田ルーカス剛史ご本人は『日本人の血しか流れていない』と答えており、純粋な日本人だということが分かっています。

本田が生まれたのは兵庫県。 海あり県の出身で、ルーカスという名前から 「ハーフ?とよく聞かれます。 家系に日系ブラジル人はいますが、僕にその”血”は入ってない。ご期待にそえなくて…(笑)」 と茶目っ気たっぷりに答える 引用:lakesmagazine

日系ブラジル人の方でも国籍が日本の方は多くいらっしゃいますので、本田ルーカス剛史選手の国籍も日本の可能性は高いですね。

ハーフなの?ミドルネームの意味は?

ミドルネームがついていると、どうしても『ハーフ?』といった疑問が湧いてくるのですが、本田ルーカス剛史選手も今までインタビューなどで『ハーフ?』と聞かれることも多かったようです。

ですが、ブラジル4世と入っても、ブラジルの血は流れていないとインタビューで答えているのでハーフではない!と言う事になるのでしょうか。

ミドルネームをつける主な理由としては

指名が同じ人を区別するために外国ではミドルネームが付けられることが普通になっています。

アメリカなんかだと、親の名前をそのまま子供につけてしまう事も多く親子などで同じ名前と言うケースも多いのだとか!

そこでミドルネームを加える事で、区別をつけています。

日本では親子で同じ名前(同姓同名)になるなんてことは、ありませんのでミドルネームは必要なく、全く文化に浸透していませんよね。

外国では、ミドルネームをつける意味として

  • 尊敬する人の名前
  • キリスト教の洗礼
  • 先祖の名前母方の姓
  • ミドルネームとして旧姓を残す(結婚する際に夫の姓になるので)

などが使われることが多くあるようです。

では本田ルーカス剛史選手の『ルーカス』には、ご先祖様や、何か特別な意味があってつけられていることが分かりますね。

なんだかミドルネームの意味を知ったら

本田ルーカス剛史選手の名前って素敵だなと思ってしまいます。

スポンサーリンク




本田ルーカス剛史の父母は外国人なのか

本田ルーカス剛史選手の両親を調べてみましたが、外国人といった情報はなく

二人とも日本人ということがわかりました。

ブラジル4世とはいっても、近親者ではなく遠いおばあちゃんやおじいちゃんが外国人だった可能性はありますが

本田ルーカス剛史選手の父親、母親は純粋な日本人です。

父親と母親の出身や職業は?

本田ルーカス剛史選手のご両親の出身地はわかりませんでした。

ただ本田ルーカス剛史選手の出身地は兵庫県の尼崎市なので、ご両親も出身は関西、もしくは、兵庫県という可能性はありますね!

フィギアスケートは(衣装代・レッスン代・靴代)などと結構なお金がかかりますが、ご両親はどんな職業をされているのか気になって調べてみましたが

ご両親の仕事は公表されていませんでした。

フィギアスケートの(ノービスクラス)や(ジュニアクラス)にいる選手で1年間に掛かる費用が300万円〜600万円にもなると言われていますので

この高額な費用を出している本田ルーカス剛史選手のご両親は、やはり結構な収入のある職業であることが考えられます。

大活躍中の本田ルーカス剛史選手ですから、これから応援などでご両親がインタビューされる時がくるかもしれませんので、

ご両親の情報がわかり次第追記して行きますね!

本田ルーカス剛史の最新のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lucas Tsuyoshi Honda(@lu9_ho15)がシェアした投稿

  • 名前:本田ルーカス剛史(ホンダルーカスツヨシ)
  • 生年月日:2002915日(18歳)
  • 身長:172cm
  • 血液型:AB
  • 初フィギアスケート:幼稚園時代
  • 競技開始:小学校2年生
  • 出身高校:滋賀県・綾羽高等学校(通信制)
  • 出身:兵庫県尼崎市
  • 所属:木下アカデミー(京都アイスアリーナ)
  • コーチ:濱田美栄、田村岳斗、キャシー・リード
  • 趣味:食べ歩き
  • 2019-20の楽曲SP=愛という名の欲望・フリー映画「007シリーズ」より

 

本田ルーカス剛史選手の経歴

初めてスケートをしたのは幼稚園

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lucas Tsuyoshi Honda(@lu9_ho15)がシェアした投稿

本田ルーカス剛史選手がスケート競技を初めて始めたのは、6歳の時です。

まだ幼稚園だった本田ルーカス剛史選手ですが、初滑りが、母親が連れていってくれた『ポートアイランド』のスケートリンクが

本田ルーカス剛史選手の人生初滑りでした。

その初滑りからは、母親の仕事が休みの時にスケートに連れていってもらい、スケート場の営業時間開始から、終了の最後まで夢中で一日中スケートを滑っていたと言います。

子供の時って、体も柔軟ですし、一度覚えたことや得意なことはメキメキと上達しますから、本田ルーカス剛史選手はいいタイミングでスケートに出会ったと言えますね。

本田ルーカス剛史選手は幼稚園の頃にスケートに出会ってメキメキ上達していきました。

とにかく飽きっぽい性格で、習い事が継続することができなかった幼少期のようですが、スケートに関しては全く飽きずに朝から晩まで一日中滑っている事もあったとか。

幼少期からスケートを継続できた理由

6歳の時のスケート初すべりから、約12年間スケートを続けてきて今も飽きずに継続してこれたのは

スケートにはジャンプやスピンなど沢山の技があるため、それを習得するため真剣に打ち込めるので飽きることがないと語っています。

子供の頃は、大阪市浪速区難波中にあるスケート教室に入って、本格的にスケートを始めます。

学校が終わった放課後や朝イチに練習を続け、大きな大会にも出場するようになります。

本田ルーカス剛史・出身中学・高校

本田ルーカス剛史選手の出身中学校は兵庫県尼崎市にある、尼崎市立塚口中学校出身です。

中学校時代は、長沢琴枝コーチが岡山国際スケート場にいので、週2回は岡山に通っていました。

本田ルーカス剛史選手の出身高校は滋賀県にある綾羽高等学校に週1回通っていました。

綾羽高等学校は滋賀県草津市にある全日制・昼間定時制・通信制の私立高校です。

高校の登校日以外は1日6時間もスケートの練習をする日もあったと言います。

スケートに打ち込むために、通信制の学校を選んだのかもしれませんね

本田ルーカス剛史選手の戦績

  • 2013

[jin_icon_fingerright]全日本フィギアノービス選手権:4

[jin_icon_fingerright]近畿フィギアノービス:1

  • 2014

[jin_icon_fingerright]全日本フィギアノービス:5

[jin_icon_fingerright]近畿フィギアノービス:1

  • 2016

[jin_icon_fingerright]近畿フィギア選手権大会ジュニア:3

  • 2019

[jin_icon_fingerright]全日本ジュニア選手権:3位/ 全日本選手権:11位(推薦)

  • 2020

[jin_icon_fingerright]ババリアンオープン ジュニア:3

[jin_icon_fingerright]全国高等学校スケート競技選手権大会:2

[jin_icon_fingerright]全日本ジュニア選手権:優勝

幼い頃から飽きずに、諦めず熱心にスケートの練習をしてきた成果が、2019年ごろから爆発的に開花してきています。

2019年は惜しくも3位だった全日本ジュニア選手権でも

今年2020112123日に行われた【全日本ジュニア選手権】で見事に優勝しており、ぐんぐんと勢いよく加速していく本田ルーカス剛史選手に期待が高まります!

2021年に中国で開催される【世界ジュニア】の行きの切符も手に入れファンや関係者の期待も注目も集まっています。

今後の活躍にも要注目ですね!

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lucas Tsuyoshi Honda(@lu9_ho15)がシェアした投稿

フィギアスケート選手として現在大活躍中の本田ルーカス剛史(ホンダルーカスツヨシ)選手のwiki風プロフとともに

ルーカスはハーフ?ミドルネームをつける意味は?ご両親は外国人なの〜?

といった気になる話題に迫ってみました!

本田ルーカス剛史選手は、ハーフでもなく、ご両親・父親か母親が外国人でもありませんでしたね!

来年に2021年に中国で開催される【世界ジュニア】の行きの切符もすでに手に入れて、これからの活躍に期待が高まります。

注目の若手新人ホープから目が離せませんね!

応援しています!

スポンサーリンク




ABOUT ME
Momo
4歳と1歳の男の子を育児しているMomo(もも)と申します。 日常で気になったことや、おすすめ情報をドタバタしながらお伝えしていきます。芸能人から福岡のお出かけ、オススメ商品、みなさんにこれは伝えたい!ことを更新していきます。 家事育児・料理(全部やん)はとっても苦手ですが、子供たちと奮闘しながら生きている人生に幸せ感じてるアラフォー?主婦です。