BTS

ジョングクはいつから犬を飼っている?その犬種や犬が増えた噂は?

ジョングクはいつから犬を飼っている?その犬種は!犬が増えた噂は?

世界的なトップアーティストである韓国のグループBTS。そのメンバーであるジョングクの愛犬についてご存じの方もいるのではないでしょうか。

近年はファンの前でも愛犬を公表していることから、ジョングクの愛犬に注目が集まっています。そこで今回はジョングクの愛犬について迫っていきたいと思います!

ジョングクはいつから犬を飼っているのか、またその犬の名前や犬種についても見ていきます。また、ジョングクは元から犬を飼っているという噂もあります。その真相についても見ていきましょう!

ジョングクのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

전 정국 이올시다(@jungkook.97)がシェアした投稿

  • 本名:チョン・ジョングク (韓国語 전정국 / 英語 JEON JEONGKOOK)
  • 生年月日:1997年9月1日
  • 国籍:韓国
  • 出身:韓国 釜山市
  • 身長:178cm
  • 体重:66kg
  • 血液型:A
  • 家族関係:両親と2歳上の兄、愛犬のクルム
  • 愛称:黄金マンネ、チョン・ジョングギ、アミバラギ、チョン・シーガル、クッキー、クク、ウサギ、筋肉ブタ

BTSでは、メインボーカルを担当しています。また、BTSのマンネ(末っ子)ということもあり、非常に他のメンバーから可愛がられています。

またダンスも非常に上手で、ファンからも大変好評です!その他にも動画編集や絵を描くことなど、クリエイティブな趣味を持ち、バトミントンやボーリングなどアクティブな特技を持っている多才なマンネです。




ジョングクの愛犬は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS Memes & Updates(@bts.____.forever)がシェアした投稿

ジョングクには非常にかわいらしい犬を飼っています!犬を飼っていることは自身のインスタグラムでアップしていることからファンからも認知されています。

また、BTSは全員が同じ宿舎に住んでいるのでジョングクが飼っていても他のメンバーがお世話する場合もあります。そのため、他のメンバーがジョングクの愛犬と一緒に写真を撮ったりしています。

ジョングクの愛犬についてもう少し詳細に見ていきましょう。

愛犬の名前はドーベルマンの「バム」

ジョングクの愛犬はドーベルマンの「バム」と言います。韓国表記にすると「밤」です。日本語の意味は「夜」などの意味を指します。

また、性別はオスで性格は甘えん坊だそうです。主人であるジョングクのことが大好きなのもファンから見てもかわいらしいですよね。

バムはジョングクが少しでも遠くに行くと、吠えてジョングクに自分の存在をアピールしています。そして、たまにテテなどに「ジョングクは?」と言ったような眼差しで助けを求めるような場面も見受けられています。

そして、ジョングクが戻ってくると非常に安心した様子になります。非常に忠誠心が高いですよね!ジョングクがしっかりしつけをしていることもわかります。

ファンから見てもバムは非常にかわいく見えているので、実際に間近でバムを見ているBTSメンバーやジョングクはかわいくて仕方ないでしょう!

ジョンググは犬をいつから飼っているの?

ファンの前でバムが公開されたのは、2021年頃になります。BTSの人気コンテンツである『IN THE  SOOP 2』ポスターにバムらしき犬の絵が描かれていたのです。

そこでファンは「犬が出て来るの?」と話題になっていました。そしてその後、コンテンツ内ではジョングクの愛犬であるという紹介がされたのです。

ファンがバムの存在を認知し始めたのは2021年でしたが、ジョングクがバムを飼い始めたと予測されるのは2020年頃になります。

きちんといつから飼い始めたと公表はされていませんが、バムとみられる赤ちゃん犬をテテがWeverse上に挙げていたのです。そこでファンはテテの髪型や衣装から推測すると2020年の10月~11月頃にはバムがいたとネット上で話題になっていました。

バムはファンに公表される1年前からジョングクに飼われていたのでしょう!しつけの時期には表に出さず、大事に育てているということがわかりますね。

スポンサーリンク




バムは保護犬?

次に、バムは保護犬ではないかという噂があります。ジョングクはその真相については何も言及していません。ですが、保護犬ではないかと言われる理由にはバムの容姿になります。

バムはドーベルマンです。ドーベルマンは本来長い尻尾と垂れた耳を持っているのですが、護衛の際に弱点となることから、尻尾や耳を短くしてしまうことが一般的だそうです。

しかし動物愛護の観点から、ヨーロッパを中心に近年では断尾・断耳が禁止されています。バムを見ると長い尻尾に垂れた耳ですよね。

そのため、一部のファンからは「ジョングクは動物愛護のブリーダーからバムを譲りうけたのではないか」と囁かれています。

また、同じグループのテテの愛犬は保護犬と公表しています。同じグループ内でもテテの愛犬が保護犬だということは周知の事実です。

一緒に過ごしていく中で、ジョングクも保護犬を引き取って育てたいという気持ちが強くなったことから、バムを引き取ったと考えてもよさそうです。

ジョングクは他にも犬がいるって本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

전 정국 이올시다(@jungkook.97)がシェアした投稿

ジョングクは実家にも愛犬がいます。犬種はマルチーズで名前は「クルム」というそうです。意味は日本語で「雲」に近い言葉です。

ジョングクが小さいころに飼い始めた際に、空を見てクルムの名前を付けたとか。また、クルムはジョングクが小さいころから飼い始めたということもあり結構なおじいちゃんわんこです。

毛が短いのでマルチーズ感ないですが、とてもかわいらしいですよね!

また現在は閉鎖されていますが、ジョングクのお兄さんのインスタではクルムの写真がたくさんアップされていました。ジョングクも多忙のため、クルムとも会っていてほしいですよね。

クルムを飼っていた経験からバムにもたくさんの愛情を注いで育てているのでしょう。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

⟬⟭(@bts_je01)がシェアした投稿

ジョングクの愛犬について見ていきました。ドーベルマンの「バム」は非常にジョングクの愛情を受けていることがわかりましたね。

また、バムはジョングクだけではなくBTSのメンバー全員から可愛がられていることもわかりました。毎日の癒しの一つなのでしょう。

ジョングクはバムの他にも「クルム」という愛犬も実家で飼っています。常に犬が身近にいた環境だったのです。そのため、バムとの信頼関係も非常に上手に築いているといえるのではないでしょうか。

今後は、ジョングクの活躍はもちろんバムにも注目ですね!

スポンサーリンク